ウィキペディア、フリー百科事典から











■商品紹介

ドレッサーデスクです

ミラーを開けばドレッサーに、閉じればデスクとして使える便利なアイテムです
引出しも1杯付き、小物も収納出来ます
開閉式ミラーで普段はデスクとして使い、メイク時のみドレッサーとして使うことが出来ます
ミラーの下は収納スペースになっています
化粧品もまとめてしまえます

ナチュラル(NA)、ウォールナット(WAL)、ホワイト(WH)の3色展開です





■サイズ・容量

幅800×奥行410(取っ手含む)×高さ755mm(梱包サイズ:幅835×奥行450×高さ120mm)
天板サイズ:幅400×奥行390mm
引出し内寸:幅305×奥行333×高さ75(有効内寸105)mm
本体重量:20.0kg(梱包重量:21.5kg)
組立式(約50分/プラスドライバーをご用意下さい)1個口

■規格

天板:プリント紙化粧繊維板(PUコーティング)
鏡(飛散防止フィルム貼り)


原産国:マレーシア

■注意事項

■こちらの商品はメーカー直送品となります。
■メーカーに在庫が無い場合はキャンセルさせていただくことがございます。
■お客様ご都合による返品・交換は出来ませんのでご注意ください
■沖縄、離島は配送不可でございます。

ドレッサーデスク NA/WAL/WH

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー