屋久島エコツアーとフォトガイド 「フォレック」

宮之浦岳ー縄文杉縦走(1泊2日)

宮之浦岳ー縄文杉縦走ツアーの詳細ページです。
縦走ツアーの概要やトレッキングに役立つ情報などご覧ください。

屋久島 宮之浦岳ー縄文杉縦走ツアー タイトル ロゴ

少人数制ツアーで宮之浦岳縦走へチャレンジ!

宮之浦岳ー縄文杉縦走ツアー風景写真1

フォレックの宮之浦岳-縄文杉ガイドツアーは少人数制(1〜4名)でチャレンジいたします。

 宮之浦岳ー縄文杉縦走は、九州最高峰の宮之浦岳と縄文杉を2日間かけて歩く、
変化に富むコースです。
 入り口の淀川登山口で標高1300m、最高峰の宮之浦岳で標高1936m。1日目の標高差は700mになります。
2日目のくだりは新高塚小屋、標高1550mから縄文杉 経由で荒川登山口標高600mまで の標高差約1000mをおりていきます。
 体力に自信があり、しっかり山登りをしたい方、宮之浦岳に行きたいという方にお勧めです。

  • 無料キャンペーン中「ザック、ザックカバー、シュラフ、マット、ヘッドライト、ステッキ」のレンタル

フォレック縦走ツアーのポイント

宮之浦岳ー縄文杉縦走ツアー風景写真2
  • 少人数制(1名様から4名様)。(グループ割、貸切プランもあります。)
  • 「ザック、ザックカバー、シュラフ、マット、ヘッドライト、ステッキ」のレンタルセットを無料キャンペーン中。(それぞれ単品でもレンタル可能)
  • 3食(1日目の夜、2日目の朝、昼食)は手作りの食事をご準備いたします。
  • テント、食器、調理用具などは担当ガイドがご準備し全部持ち運びます。
  • お1人様でのご参加大丈夫です。追加料金はございません。

宮之浦岳ー縄文杉縦走ツアー 基本情報 ロゴ

開催時期 通年
1〜2月は積雪のため催行できない場合もあります。
ガイド料金 「宮之浦岳-縄文杉縦走」:¥39,000(お1人様)
:含まれるもの「レンタルセット、傷害保険、食事(3食分:1日目夜、2日目朝昼」
ザックのみご持参¥1000割引、マットと寝袋ご持参¥2000割引、ザックとマットと寝袋ご持参¥3000割引になります。
:別途必要なもの「1日目朝昼弁当、タクシー代:約7000円、登山バス代:870円」
お支払い方法 基本的に現地での現金払いをお願いしておりますが、現地でのカード払いも出来るようになりました(VISA、Mastercard、American Express)
※カード払いの場合は、端末をツアー時にご用意しますのでお申し込み時にお伝えください。(なおカードの期限切れなどの場合は現金払いになりますのでご旅行の前にご確認ください。)
オプション 貸切プラン(¥10000)
「¥10000で貸切ツアーにすることができます。自分のペースで歩きたいなどの場合に良いプランです。」
(3名以上のご参加は貸切料金無料になっております。)
フォトサービス(¥3500)
「お客様のかわりに、ツアー中の風景やお客様をガイドが撮るサービスです。ツアー終了後、画像が入っているSDカードをそのままお渡しします。(料金にSDカード代も含みます)」
グループ割(期間限定) 宮之浦岳-縄文杉縦走:2名¥35000、3名¥33000、4名¥33000
「1名あたりの料金です」
※※7/16から7/18、8/11から8/16は適用外です。
定員 ガイド1名につき定員1~4名の少人数制です。
※お1人様から催行可能です。
※貸切プランもございます。(1ツアー¥10000)
※5名様以上も1グループだと対応可能です(ガイド2名体制)
送迎 湯泊~宮之浦の宿は送迎可能(ただし先にご予約をされた方が優先されます)
レンタル 無料キャンペーン中「ザック(45リットル)、ザックカバー、マット、シュラフ(=寝袋)、ヘッドライト、ステッキ」の6点セット。(単品でもレンタル可能です。)必要な場合は申込み時にお知らせください。
(ザックのみご持参¥1000割引、マットと寝袋ご持参¥2000割引、ザックとマットと寝袋ご持参¥3000割引になります。)
装備 靴(運動靴も可)、レインウェア(上下)、リュック(40リットルぐらい)、マット、シュラフ、ヘッドライト、お弁当(1日目朝昼)、飲み物(500ml)、行動食(お菓子など)、軍手、常備薬、保険証のコピー 、
詳細はこちらへ
服装 動きやすい服装(ジーンズは不可、重ね着で体温調節)、帽子
詳細はこちらへ
キャンセル料 14日前~7日前:料金の30%、6日~2日前:料金の50%、前日:70%、当日:全額
その他 登山口が1日目と2日目でちがうため、タクシーとバスを交通機関として利用します。 宿から屋久杉自然館まではサービスとして送迎いたしますが、登山口までは別途 タクシー代(自然館~淀川登山口まで1台約¥7000)がかかります。また荒川登山口~自然館の区間は登山バス代(お一人¥870)がかかります。
天候によっては荒川登山口から登り、淀川登山口におりるコース順に 変更する場合もございます。その際は前日判断になります。また入り口が変更になりますと、送迎のタクシー代が1台約8,000ぐらいになります。

宮之浦岳ー縄文杉縦走 概略図とコースタイム(1日目約10時間、2日目約9時間)

宮之浦岳ー縄文杉縦走 ガイドツアー 地図

【ツアーのコースタイム】

1日目
宿出発(4:30)→屋久杉自然館:タクシーに乗換(5:00)→淀川登山口到着(6:00)→淀川小屋(7:30)→花之江河(9:30)→翁岳鞍部の水場(12:00)→宮之浦岳(13:30)→平石岩屋(15:00)→新高塚小屋(16:30)
2日目
新高塚小屋出発(5:00)→縄文杉(7:00)→大王杉(8:00)→ウィルソン株(9:00)→大株歩道(10:00)
→三代杉、昼食(11:30)→小杉谷(13:30)→荒川登山口(14:30)→屋久杉自然館(15:40)→宿到着(16:00)
※時間はおおよその到着時刻です。

ツアー予約状況

  • 定休日、満員、貸切:新規にツアーをお受けできない日です。

※ 未反映の先約があった場合はお受け出来ない場合がございます。その際はご了承願います。

※うまく予定カレンダーが表示できない場合はこちらをクリックしてください。

宮之浦岳-縄文杉縦走ツアー、よくある質問や注意点

宮之浦岳縦走コースにはいくつトイレはありますか?

1日目、淀川登山口〜新高塚小屋は3ヶ所あります。淀川登山口1ヶ所目、50分後の淀川小屋2ヶ所目です。その後新高塚小屋(3ヶ所目)まではトイレがないので、心配な方は携帯トイレをご用意ください。空港、安房、宮之浦の観光案内所、宿でも購入できるところもあります。
2日目、新高塚小屋〜荒川登山口は、4ヶ所あります。高塚小屋1ヶ所目、大株歩道入り口2ヶ所目、三代杉バイオトイレ3ヶ所目、荒川登山口4ヶ所目です。2日目は適度にトイレがあるので大丈夫だと思います。小屋のトイレはトイレットペーパーがないのでご持参ください。

山小屋が満員の場合はどうするのですか?

新高塚小屋が満員の場合は、テントに泊まります。 山小屋は避難小屋で予約ができないため満員の場合があります。定員は約50名ほどです。テントは参加人数にあわせて持ってきます。またなるべくグループごと、男女ごとに利用できるようにしています。

白谷雲水峡には行かないのですか?

フォレックの宮之浦岳-縄文杉縦走ツアーには白谷雲水峡は含まれませんが、ご希望があれば追加で行くことが可能です。ただその場合タクシー代が追加で¥10,000ほどかかります。また白谷雲水峡に行くには峠を越えないといけないため体力的に負担になります。また雨天時は川を徒渉できません。日程に余裕があればツアー前日か翌日に半日での白谷トレッキングをオススメいたします。

ツアー参加時の注意事項

注意事項(下記をご了承のうえ、ご参加をお願いいたします)

  • お客様の服装や体力、体調の不備、また他のお客様のご迷惑となる場合はガイドの判断により当日でも参加をご遠慮いただくこともございます。
    その際、ツアー料金は一切返金いたしません。
  • 身体に障害のある方や注意すべき病歴がある方は申込み時に必ずお知らせください。
  • 天候、道路状況などにより当日ツアーを中止することやコースの変更をすることがございます。
    中止の場合はツアー料金を全額返金いたします。
  • 万一の場合に備えて、フォレックでは傷害保険に加入しております。
    死亡・傷害700万円/入院日額6000円/通院日額4000円/救援者費用100万円(宿泊活動のみ)尚、保険の保証範囲外の責任は負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • お客様の都合によりキャンセルされた場合は、以下のようにキャンセル料を申し受けます。
    14日前~7日前:料金の30%、6日~2日前:料金の50%、前日:70%、当日:全額
  •  

宮之浦岳-縄文杉縦走ツアー風景、近況など

9月14から15日で、ご参加のMさんからお客様の声届きました。

ecotour & photography
フォレック 古賀 顕司  様

この度は、宮之浦岳縦走1泊2日 大変お世話になりありがとうございました。難しい判断に迫られた天候の中 無事予定通りゴール地点まで、古賀さんに案内サポートをしていただき良かったです。古賀さんがついて下さっていたので、雷もあまり怖くありませんでした。むしろ第2展望台の方が(高所恐怖症ですので)怖かったかも(笑)。ですが、とても視界の開けた展望で心奪われる眺めでした。
投げ石岳のお弁当。トーフ岩の素晴らしい眺望後のアップダウンでアップアップの末の宮之浦岳の頂上『キターーー!!』山頂では雲がかかり何も見えなかったのは残念でしたが、シカの親子や雄シカ同士の戯れ。何もない初めての山小屋。輝くまんてんの星空。元気をもらった縄文杉。なが~いトロッコ道でバス停に着いた頃には痛くなった足裏。

翌日も女性2人と共に山岳太郎 ワタナベさんに白谷雲水峡を楽しませていただきました後、縄文の宿まんてんへ送って頂き、温泉で汗を流し、コーヒーをいただいてくつろいだ気分で、飛行機で帰着致しました。

心配した脚も屋久島に魅せられたのか2日間の疲れもなく3日目もなんのことなく帰宅まで歩けました。今日はさすがに、膝に違和感がでてますが(日常生活にまったく支障はありませんのでご心配なく。)
20160914.jpg

団体ツアーではとても味わえないたくさんの屋久島の表情を肌で眼で楽しみ感じられることができ感謝感謝につきます。食事の支度など本当に言葉では言い尽くせないほどお世話になりました。お礼をお伝えしたくメールをしたためました。
いつかまた機会があれば、またガイドをぜひ受けて頂けるとうれしいです。

2016年4月2-3日は宮之浦岳縦走ツアーでした。
雪もとけてなくなり春の屋久島ですが山桜は例年より遅く、4月10日頃が見頃でしょうか。

参加者のKさんからお客様の声届きました。新天地でも頑張ってください!

『古賀さん、お疲れのところお写真ありがとうございます!!
2日間お疲れさまでした!そして本当にありがとうございました!
久しぶりの山登りで不安もありましたが、常に変わり続ける風景や色んなお話しをでききたことで本当に楽しみながらツアーを過ごせました!
またお食事も地のものを使っていたり、重たい荷物を背負ってまで温かいお料理を提供してくださって本当に感激しました。 また屋久島に必ず来ますので、その際もツアー依頼しますのでよろしくお願いいたします!』

20160403.jpg

20160403no2.jpg