【ガイドツアー風景】晴れ、雨強風、晴れ、静かな雨、そんな縦走でした。

こんにちは、屋久島エコツアーガイド「フォレック」の古賀です。3/22-23で宮之浦岳ー縄文杉の縦走に行って来ました。

今回は卒業旅行のHさんとご一緒しました。3/22の朝、淀川登山口で朝ごはんを食べている時は快晴でした。天気予報では14時までは晴れの予報。

投石平までは、良い天気だったが、だんだんと霧が流れてくる。

130323-blog1.jpg

宮之浦岳(13:00)を越えると、いきなりの強風(10m)が吹き付ける。Hさんに時折遠くに見える平石岩屋まで休憩なし(約1時間半)で行くことを伝える。風が強い日は、宮之浦岳~平石岩屋区間は特に強い。Hさんの装備が完璧だったのと、体力も十分なので、行けると判断し歩きはじめた。時折15mほどの風が吹き付けるなか無事に平石岩屋到着!休憩しようと思ったが、今度は雷の気配がしたので更に一段下の樹林帯まで下がって休憩。岩屋は雷が落ちると結構危ないのです。

樹林帯に入ると一転して穏やかな天候になって、突如見えた永田岳に二人で感動!

130323-blog2.jpg

第二展望台からもばっちり宮之浦岳が見えました。

130323-blog3.jpg

その後、新高塚小屋到着。炊きたてご飯の回鍋肉風どんぶりで満腹に。夜は快晴で満天の星空でした。

23日は、朝から快晴で木々に当たる朝日がきれいでした。

130323-blog4.jpg

下って行くとトロッコ道から山桜がきれいでした。

130323-blog5.jpg

そして最後にまた雨、今度は静かなやさしい雨でした。

トンネルの明かりが見えたらゴールが近い!

130323-blog6.jpg

晴れ、雨強風、晴れ、静かな雨、記憶に残る旅、本当にありがとうございました。Hさん。

屋久島は天候が急変する場合があります。その際は臨機応変に対処します。危険なことはしません。早めに撤退いたします。参加される際は、装備(レインウェアなど)は、しっかりとご準備ください。

5月中旬までは、日によって奥岳は気温が5℃ぐらいまで下がりますので、防寒着(フリース)の準備もお願いします。