【ガイドの休日】島外研修、part2

こんにちは、屋久島エコツアーガイド「フォレック」の古賀です。連続でのブログ投稿です。

1/17-18に日本山岳ガイド協会のレスキュー講習会に参加してきました。2年前から日本山岳ガイド協会の試験を受け始めたのですが、筆記と実技(夏と冬山)が無事終わりあとはレスキュー講習会と雪崩講習会を受ければ終了です。

よく参加者の方からガイドって資格がいるのですかと質問されるのですが、実は日本には国家資格がない状態なので、資格がなくても(そもそも資格がない)ガイドはできる状態です。とは言っても資格(勉強)は必要だと思っていますので、今までいろいろな資格、講習会を受けてきました。

日赤やWAFAなどのファーストエイド講習や、沢でのアクティビティにはレスキュー3ジャパンの講習などが最低限必要だと思います。その中でも山岳系でもっともオフィシャルに近い資格は、日本山岳ガイド協会の資格だと思います。

今回のレスキューの講習では、ロープの結び方、ダブルフィギュアエイト、マッシャー、ムンターなど基本の結び方を復習。急斜面を落ちた人の引き上げシステムの練習。手持ちの装備で担いでの搬送。グループでの搬送疲れた人をサポートするショートロープの練習などをしました。

130122-blog5.jpg130122-blog6.jpg

特にショートロープはヨーロッパのガイドでは主流のテクニックらしいのでとても参考になりました。ツアー時に活かしたいと思いました。

フォレックでは、これからもいろいろと勉強して、安全対策をより良くしていきます。