ウィキペディア、フリー百科事典から











商品の詳細
  • 作家名/森本木羊子(もりもと もくようし)
  • 作品名/仏像 釈迦如来 立像
  • 技法/ 和紙に木版 木版画 Woodcut
  • 額寸/ 237x290x厚22(mm)インチ額
  • 絵寸/ 約110x190(mm)
  • 作品の状態/シート:目立つキズや汚れなし・良好な状態です。額縁:新品
    額付き、箱付き。落款やサインはありません。
  • 別表記/ 如来像 曹洞宗 臨済宗 日蓮宗 のご本尊
森本木羊子(もりもと もくようし)
1898年(明治31年)熊本市に生まれる。
1919年(大正8年)大阪貿易学校英語科卒業し、上京。浜村蔵六、野川鼎象に篆刻を、増原宗一に日本画を学ぶ。
1924年(大正13年)貿易商に勤務。セイロン島コロンボ勤務。ここでインド・セイロンの仏教美術に接し研究する。
1935年(昭和10年)大阪?島屋に入社。美術部、呉服部勤務。柳宗悦、河井寛次郎、棟方志功らと知己を得て、民芸運動に傾注する。
1953年(昭和28年)高島屋退職。木版画を始める。その後、日本工芸館で棟方志功と合同版画展。
湊川神社拝殿の天上画「白馬」「天馬」を献納。西大寺山門扁額「勝寶山」を彫刻し、献納。「みんげい」で河井武一と「押出版画と陶芸展」を開催。「堂島日本工芸館」「たくみ」「中宮画廊」「りーち」で個展開催。毎年、東大寺二月堂、修二会の紙手を寄進した。1992年逝去 享年94
■当店では他サイトとも在庫を共有しており、ご注文のタイミングによりましては完売となり、商品がご用意できない場合がございます。